よみもの専科
BACK

2020年8月の近況

30日〜31日

8/31 全くと言っていいほど歩いていないし

 月末ということで、今月分の請求書と来月分の見積書をメールにて送付する。

 夜、以前より約束していた納期通りに成果物を納品する。納品報告のついでに別途作業の打診をしてみたところ、早速依頼が来る。明日は医者から戻ってきてから着手するか。

 一番落ちたころと比較すると体重が二キロほど増えてしまい、それが二週間ほど続いてしまっている。食事での調整はこれ以上難しいので、ぼちぼち運動を組み込む必要があるかも。

8/30 よかった!


 長いこと保留になっていた、私にとっては最も重要な懸案事項にようやく動きが生じた。
 自分の現状を人に説明する際に必須となる事なので、これが決定に至るとこの場やSNSなどできちんと公表ができる。

 なんだろう、とても気持ちが晴れやかだ。実質的には進んでいる状況の変化を堂々と語れるというのは、可能性の広がりも期待できるわけだし、自力を鍛えるいいきっかけにもなるだろう。

 そんなわけで女房と祝杯。ここのところ朗報が続くので酒が美味い!

23日〜29日

8/29 だから官房長官ということになる

 テレビで潰瘍性大腸炎の報道を見る度に、ミルクボーイの漫才を思い出してしまう。「いやぁ、それ潰瘍性大腸炎ちゃうなぁ」って感じに。
 

 次の首相になるのは管官房長官だろう。確定と断言していい。石破氏も来年の総裁選を見越して出馬はするだろうけど、安倍総理は何があっても当選を阻止する。
 コロナの状況も収束せず、ワクチンの安定供給も来年以後になりそうなので、東京五輪は中止になるだろうし、次の首相はサンドバッグ状態になるのは必至だ。

8/28 とても気持ちよく呑めた

 午後目が覚めてスマホでニュースをチェックすると、安倍総理辞任の速報が目に入ったので飛び起きる。

 仕事を進めつつ、夕方の報道番組をつけっぱなしにする。

 夜、仕事を終えスパークリングワインで乾杯。一本空けた後、家で二番目に高い赤ワインを開ける。

 深夜、『朝まで生テレビ』を見る。録画かと思いきや、まさかの生放送だった。色々と本当に色々と面白かった。


8/27 中々超えるものには出会えない

 本日もお仕事。大体一日分は前倒せたので、この数日のどこかでオフにする予定。

 厄介な電話が入ってきた。自分では対応できない問題なので、然るべき相談先にメールしておく。うーん、この件については前々から判断をお願いしていたのだけど、なんとものろまな事態になってしまっている。

 Netflixでドラマ『オザークへようこそ』を観始めた。
カルテルの資金洗浄係を主人公にした内容で、『ブレイキング・バッド』が至高のドラマである私にとっては打って付けの内容。しかしそれだけに、どうしても『ブレイキング・バッド』の偉大さを思い知らされてしまう側面もある。困ったものだ。

8/26 外で呑むことも検討しよう

 ひたすらお仕事。勢いに任せて進めてみると、想定していた倍のペースで進められた。量産作業につき加速度は上がる一方になるので、週末にはゆっくりとお休みできるかも知れない。

 都内での陽性感染者の数が一週間連続で二桁になったら、少しは外出用事を作ろうかと考えている。できるだけマスクをしないで済む行動様式も考えないと。そうなると自転車での移動がメインになるのかなぁ?


8/25 久々に加速が必要かも

 午後から歯医者に出かける。実に一ヶ月以上ぶりの外出だ。もちろん他人との接触もそれ以来。親知らずの傷も完治したとのことで、ここからは週イチでの通院となる見込み。
 街の様子は相変わらずだったけど、商店街に新しいお店がオープンしていた。自転車で通過するスピードだと何のお店かはわからなかったけど。
 昨日受注したお仕事の作例を作ってクライアントに送る。すぐさまOKが出たので明日より量産となる。
今週いっぱいはちょっと忙しくなりそうだ。

8/24 ストライクゾーンの広い典型的な娯楽作だ

 夜、現在参加しているプロジェクトについて新たな業務の依頼を打診される。チャットで何度かやりとりをして、業務内容の最終的なすり合わせをして受注に至る。大体一週間ほどかかりそうな内容なので、明日より着手する予定とする。

 第二シーズン途中だったドラマ、『ストレンジャー・シングス』
の視聴を再開する。途中になっていたのもそれなりの理由があってのことだったのだけど、なんだかんだで面白く感じてきた。
 結局第三シーズンの中盤まで一気に観てしまった。多分明日中には配信されている全てに追いつくだろう。

8/23 手を空けておく理由もないので


 先週、亡父の奥様よりフルーツとゼリーを頂いた。そんなわけでここ数日、オレンジ、梨、グレープフルーツと立て続けにいただかせてもらっているのだけど、どれもこれも上品に美味しい。それぞれの既成概念を覆す味で、今まで私は【のようなもの】を食していたかと思うほど。ありがたや。

 急遽業務が発生したので、その対応で夜までお仕事。内容的にも私がやるのが一番費用対効果がよさげなので、積極的に受注を申し出るのもありかもしれない。

16日〜22日

8/22 色々と考えさせられた

 YouTubeで見たサバ缶とトマトのそうめんが美味しそうだったので夕飯で作ってもらう。で、食べる。そして、美味い。夏も後半戦のはずだけど、また何度か食べることになるだろう。

 深夜、これまたYouTubeにて9.11や三島由紀夫の関連動画を見る。その中で劇映画の三島由紀夫を二つほど発見した。緒形拳と
井浦新がそれぞれ演じていたのだけど、如何なる演技力を以てしてもかの人物の芝居っ気には届いていない。おそらく演技者では彼の表現は難しいのだろう。
 とにかく、強情の裏返しとなるひ弱さが足りていない。ああいった部分の表現はむしろ演技者ではなく芸人の方が達者だと思える。強情な芝居は素人でもすぐに習得できるので、次に誰かを演じさせるのであれば、芸人をアサインするのが適切かもしれない。

 そう考えてみると、演劇全体としての登場人物像の問題点も見えてくる。物語に登場する人物たちには、折れやすいひ弱さが足りていないのだろう。


8/21 心機一転感もあった

 午後、仕事の資料が届く。返答の次いでに今後の業務内容について質問を寄せると、春に聞いていたころと結構状況が動いていた。しかもあまりいい方向ではない。
 それを皮切りにチャットを進めていくと、どんどん面倒な事態になっていることを知らされる。そして、いつのまにかその面倒の解決チームの一員になっていた……まぁ……しゃーないか……乗りかかった船だし。

 晩飯はコロッケそば。名店では注文できない、自宅で楽しめる立ち食いの味だ。しかし汁物を食べているといい加減髭が鬱陶しい。
 と言うわけで剃る。思い切って全て剃る。顎下も剃る。実に十年ぶりに髭のないツラを鏡で見るのは新鮮だった。 

8/20 このもどかしさたるや

 全く他人と会わない生活が続いているため、遂に洗髪時に髭にまでシャンプーをつけるほど伸ばし放題となってしまった。
 さすがに慣れず、食事の際に面倒に感じることもあるので、他人との接触とは関係なくどこかのタイミングで剃るなりしないとな。

 夜、仕事の連絡が一件入った。しかし肝心となるある事案の進展については特に触れられておらず、さてこのまま行くと次のバトンが他所からこちらに投げられてくる少々面倒な展開になりそう。
うーん、そうなったら再度先方に判断を迫るしかないか……。

8/19 愚か者のカタログだ

 連日暑さが厳しく、室内でエアコンを点けっぱなしにしていても熱気を感じる。エアコンの風量を強めても局所だけが冷えるだけなので、余っていたサーキュレーターをエアコンの麓に設置してみたところ、同じ温度、同じ風量でも冷涼感がとても向上した。
 こんなひと手間でここまで改善するとは思わなかった。ただし、
結構騒音も増すので今後もこの暑さが続くのなら、もっと静音型のサーキュレーターの購入を検討した方がいいかも。

 ドラマ『アンブレラアカデミー』も観終えたので、第二シーズンでストップしていた『ファーゴ』の第三シーズンを観始めた。やはり面白い。というかとても好き。

8/18 他の街より用事はあるかもしれないけど……

 若干気温も落ち着いたらしいけど、室内に籠もっているとその実感も薄い。と言うか相変わらず暑いので、二十四時間エアコンが停まることもない。

 夕飯はタイ料理をデリバリーする。なんでも名店らしく、カオマンガイを頼んだのだけど米のコンディションが今ひとつだった……タイ料理と言えば、大塚のお店が絶品だったけど、あれに再びありつける日は……多分ないのだろうなぁ。


8/17 ある意味勉強になる


 仕事もひと段落しているので、次に進むための構想を練る。しかしこいつが中々難しく、手こずり手間取る。少なく見積もっても月内はかかってしまいそうだ。

 夏バテ防止のため、夕飯はうな重。しかし中国産の小さいやつしかなかったので、半分は牛肉で代用する。

 ドラマ『アンブレラアカデミー』もシーズン二まで到達。能力者ものの常なんだけど、お話が進み複雑化していくほど登場人物のIQが低下していくのはどうにかならないものか。
 今のところ楽しめているけど、それに増して今後の心配と、なぜか自己反省までしてしまった。

8/16 コンビニでの買い物さえ不安だ


 OFF日。
 昨年の夏なら外出していたかもしれないけど、不要不急ということで自宅にて籠城となる。そう言えば先月歯医者さんに行って以来、丸々一ヶ月以上一切外出をしていないことに気付く。

 なんだか色々な対応力やストレス耐性が落ちている様な気がする。実際、六月末に一度タクシーに乗った際、胃がムカムカしたこともあったし。 

9日〜15日
8/15 しかしグループヒーロードラマも多いな

 本日もお昼過ぎには起床。

 食欲が落ちてしまっているので夕飯はそうめん。夏バテ気味なのかな? そろそろ鰻の投入時期なのかも知れない。

 ここのところ陰鬱とした法廷劇やドキュメンタリーを見すぎていたので、気分転換のためNetflixでドラマ『アンブレラアカデミー』を見始める。五話までだけど、今のところ面白く楽しめている。
外連味が強すぎる嫌いもあるけど、多分見続けられるだろう。

8/14 たぶん来年もするのだろう

 起床時間をようやく日中に戻せた。またいつか昼夜逆転するかわからないけど……。

 時間ができたので、少しずつ次の企画のアイディアを固めていく。月内ぐらいには形にできるといいのだけど。

 深夜、女房と二人で朝まで戦争の話をする。毎年これぐらいの時期にはやってるなぁ。もちろん毎年結論は出ないのだけど。


8/13 深い病を感じる

 昼過ぎに就寝。しばらくすると轟音でたたき起こされる。どうやら強烈な雷雲が原因らしい。

 二度寝して夜に起床する。

 Netflixにてドキュメンタリー『殺人者への道』を見る。決着の付いていない、現在も進行中のとある事件とその公判を取り扱った作品で、経過を待っておそらく今後もシリーズが継続していくと思われる。
 最初のシーズン配信後、本国である米国での反響が大きく、それが実際の再審状況にも影響を及ぼし、三年後にその経緯を取りまとめた次シーズンが制作、配信されることになったそうだ。
 テーマがテーマだけに相当にヘビーな内容。法の下で人は平等ではないと、あらためて思い知る内容だ。

 ここしばらく、米国の法廷を舞台にしたドラマやドキュメンタリーを見漁っている。『THE裁判員』の開発当時、日本の司法制度とその運用実態を勉強した際、その問題点をかなり痛感したわけだけど、米国のそれも
相当に深刻な病を抱えていると感じた。

8/12 少々不安だ

 本日も夜起床となる。
 なんでも日中は災害級の暑さだと言うことなので、ここしばらくこういった生活が許されている以上、それに甘んじるのがよいという結論に至る。


 仕事のスケジュールは来週いっぱいぐらいでひとつの区切りがついて、そのあとは少々まとまった実務が一ヶ月ほど続く見込み。このプロジェクトのそれ以後の予定は未定。
 あともう一個、転がり次第によってはとっても面倒な案件があるんだけど、どうなることやら……。

8/11 どこかで起床時間を調整しよう

 夜に起きる。
 クライアントより質問の回答が来ていたので、早速業務スタート。深夜には仕上げて納品報告をする。

 ひと仕事終えたので食事にする。深夜なので夜食なんだろうけど、感覚としては昼食といったところか。

 ドキュメンタリー映画をぶっ続けで十時間ほど見て、翌日の夕方に就寝。なんだか近況の日付け自体もズレが生じてきたようだ。


8/10 片っ端からつまみ食いしていこう

 仕事を進めていると新たな疑問点が生じたので、クライアントにそれを知らせる。明日には返答があるといいのだけど。

 本日もNetflixで海外ドラマ漁り。『
ボクらを見る目』というドラマを選んでみた。
 現実の冤罪事件をモデルにしたものなので、かなり胸くそが悪くなる内容だった。楽しめるかと言えばそれは違うのだけど、総合的な完成度がかなり高く、全四話のショートシーズンということもあり一気に最終回まで観てしまった。

 ほんと、VODにはまだまだ沢山の傑作が溢れている。今は比較的時間を作りやすい時期なので、積極的に発掘して吸収していこう。

8/9 これは想定の外だった……

 クライアントから質問の返答がこないので作業が一時ストップとなる。これは今日明日はOFFになりそうだけど、まぁ仕方ないか。

 残すところあと二シーズンとなっているドラマ『殺人を無罪にする方法』だけど、検索してみたところかなり絶望的な視聴環境であることが判明した。
 結果から言うと、残りの二シーズンは日本で見ること自体が難しいかもしれない。なんということだ。DVDも途中のシーズンまでしか出ていない。そもそもの翻訳版を放送していたCSのチャンネル自体が撤退してしまったのが原因なので、本当に絶望的だ……。

 アレがあの段階で続きが観られないなんて、あの登場人物の末路がわからないなんて、これなら最初から観なければよかったと思えるほど。ちょっと今後は慎重な選択が必要かも。
2日〜8日

8/8 決してギャグ場面ではないのに

 テレビで見た鶏出汁のそうめんが美味しそうなので、明日早速試してみることにした。楽しみ。


 Netflixにてドラマ『殺人を無罪にする方法』を配信されている分全部視聴した。
 約一週間で六十話を観たわけだけど、続きがとても気になる。残すところの三十話分はいつ配信されるのだろうか。

 しかしこのドラマ、登場人物が揃って盛り過ぎ。法曹関係者は獣かと思えてしまうほど、ベッドシーンが多い。とうとうその場面になると笑ってしまうほどに至ってしまった。

8/7 連休ってことにはならないだろう

 追加のプロットを確認したところ、いくつか質問点が発生したので昨日と同様に報告しておく。

 
夜にまとまった分量のお仕事を納品する。と言ってもスプレッドシートでのアップなので、正確には作業完了の報告のみで済ませてもらう。
 これで質問の返答が来るまで手空きとなった。

 世間では明日から三連休で、そのままお盆休みに突入するらしいけど、当方のスケジュールはまだ未定だ。

8/6 またアラートが増えた

 午後からお仕事を進める。するとクライアントより追加のプロットが届く。これで土曜日ぐらいまでは仕事日に充てることになりそう。
 夕方頃、プロットに不足点があったのでチャットで質問を寄せておく。進行には支障がないので進められる部分の着手は引き続きなんだけど、あとで少々手間取る修正が入るかもしれない。


 熱中症警戒アラートなるものを今後出すらしい。また外出自粛を促す警報がひとつ増えたと言うことか。相変わらずの夜型なのであまり影響はないと思うけど……。

8/5 多分来年後半ぐらいまで状勢は変わらないだろう

 夜、クライアントより新しい資料が届いたので、明日からの確認対応を連絡しておく。おそらくこちらの実務として、それほど手間取らないだろう。

 本日も猛暑日だったらしい。なにせ寝るのが朝方で起きるのが夕方、しかも外出ゼロのエアコン生活だと実感するのがトイレに入った時ぐらいだったりする。確かに窓の外の風景は真夏なんだけどね。


 状勢を鑑みて、当面の旅行は取りやめた。やはりどうにも楽しめなさそうだと判断した。

8/4 夏を実感する日は来るのか?

 現在参加しているとあるプロジェクトの最新スケジュールが情報共有されてきた。なるほど……ボトルネックな部分が丸わかりなスケジュールだ。こいつはもう少々関わることになりそうだ。プロジェクト成功のためにも上手いこと立ち回らないとなぁ。

 梅雨も明け猛暑日が続いているらしいけど、買い物を女房に任せっぱなしなので、実感するのが日差しと蝉の音がせいぜいというところ。
 月内に外出の用事があるものの、そのころには残暑になっているはずだ。


8/3 面倒に触れることにもなるけど……

 電話で起こされる。対応したところ、想定していた中で最も底値な範囲での案件であり、今月中に一度は都心に出かける用事が発生する見込み。
 うーん……この件については、そろそろこちらから今後についての提案をするべきなんだろうか。現在の私の状況を正確に公表することにも繋がるわけだし、リスク回避にもなるしなぁ……。


8/2 ちょっと思うところもあるので

 ISSが接近通過するとのことで、それを宇宙好きの女房に知らせたらそわそわし始めた。なんでも今夜の二十時半頃に通過するらしい。

 ドラマ『殺人を無罪にする方法』、シーズン二まで観進める。若干の失速気味。人間関係の定型化と展開の減速が原因なんだけど、あらためて『ブレイキング・バッド』の完成度の高さを認識してしまう。そろそろもう一度見直して分析してみようかな。

1日

8/1 最後まで配信して欲しい

 いくつか候補をリストアップした上で、Netflixにてドラマ『殺人を無罪にする方法』を観始める。
 全く内容も知らずのままだったので、当初はどういった方向性でどういった構えで観てよいのかわからず戸惑ったものの、あまりの面白さに一気に十話まで観てしまった。

 基本は一話完結の法廷劇に、かなりヘビーな殺人事件の縦糸が絡む内容で、今後どうなるかはわからないけど今のところは脚本の完成度がかなり高い。
 ただ不安なのが全シーズンが国内で配信されていないこと。本国の米国で完結したのが今年五月なので、コロナとかで日本語版が遅くなっている可能性もあるけど、大丈夫かなぁ……。

今月の近況>>