よみもの専科
近況
私への連絡などは、 endoアットマークyomimono.sakura.ne.jp まで、メールにてお願いします(“アットマーク”は、“@”に置き換え願います)。
BACK

2018年2月の近況

2月11日〜2月17日

2/15 三日の努力

 現場のプレゼン用モニターに悩まされる。現状だと32インチのセミHDを使っているのだけど、さすがにフルHDでないと辛い。最近だとショップ製の4Kモニタがお値打ちらしいので、購入を検討した方がいいのかもしれない。というか、購入しよう。

 お昼ご飯はハンバーグ。米を半分にしてもらい、肉を増量してもらう。食べ応えがあって美味い。

 業務もぼちぼちひと段落のはずが、三日ほど延長となる。たかが三日、されど三日。よりよいものを作るため、伸ばされた時間を最大限に活用しなければ。


2/14 三分の一の苦労が判明する

 バレンタインデー。女房が糖質制限チョコレートなるものを通販で買ってくれたものの、食べるのは週末になるだろう。

 
お昼ご飯はネパールカレー。ナンではなく、ライスを半分にしてもらい、それも半分ほど残す。もったいない……こちらで盛らせてもらえるといいのに。

 今年の経営計画を立てる。要するに、お金の出入りと仕事のキャパシティの総合的判断というやつだ。
 これが決まると、自分の経営者としてやらなければならないことの青写真が見えてくる。これで、向こう一年における三分の一の苦労が判明する。
 残りの三分の一は開発者として、そして最後の三分の一は表現者として、この、残り三分の二については、現時点でも見通しはわからない。

2/13 片付けも簡単らしいし

 連休明けの現場入り。渋谷駅での人身事故で、三十分ほど押してしまった。

 
駅に着いたところ、階段を降りている最中、なにやらズボンが落ちる気がしたので、ベルトを締めてみると……もう穴がなかった。どうやら胴回りのスマート化も一応は進行しているようだ。しかしズボンの件は落ち着かないので、ベルト穴を新たに開けなければ。

 昨日の納品もそこそこに、修正作業や追加作業の割り振りをスタッフと行う。

 夜に帰宅。夕飯は寄せ鍋。まだまだ寒いので、鍋の出番は増えそうだ。

2/12 風邪が恐い

 お昼から現場入り。振替休日の電車はとても混雑していた。

 大きめの提出物があるので、夜までチェックと意見だしを行う。
 十九時には無事に納品完了。ひとまず、今年最初の一番大きな仕事が完了した。もちろん、まだまだ戦いは続く。

 深夜に帰宅。来週の半ばまでは気が抜けない日々が続くので、体調には気を付けないと。


2/11 なんとか凌がないと


 マットレスに段ボールを貼り付け、仮想のベッドフレームを作り、階段の通過を確認してみる。ひとまず、なんとかなりそうな見込みなので、無料の下見は頼まずに済みそうだ。四月を迎えると新生活需要で配送がたて込むらしいので、週末には購入を決めてしまおう。

 夕方より現場入り。緊急の業務が発生したため、予定を変更してそちらを片付ける。今月後半戦は、イレギュラーな業務が多発しそうだ。

2月4日〜2月10日

2/10 寝心地を確かめる

 ベッドの下見のため、有楽町の家具店に赴く。ショールームで寝ては起きてを繰り返し、三十分ほどで、フレームとマットレスを絞り込む。
 ただし、店員さん曰く、来週になると割引セールが始まるため、購入は一週間遅らせた方がいいとのこと。その言葉を信じて、見積だけお願いして来週の再訪を約束しておく。
 しかし問題は、うちの狭い階段をベッドが通過できるかどうかだ。無料の下見サービスもやっているとのことで、頼んでおいた方がいいのかも。

 自転車を借り、現場まで移動。二時間ほど、確認と指示出しを行ってから再び自転車で上野まで移動し、行きつけで一杯やっていく。明日、明後日も短いながら現場入りの見通し。

2/9 ちょっとした山場

 朝から昼までミーティングが三本立て続く。昼飯のあと、午後イチからもミーティングが二本続き、間髪なく外出となる。
 今度は外でミーティング。夕方には現場に戻り、ここでようやくデスクワークに取りかかる。

 夜、現場を上がり、上野のスペインバルでワインを呑む。

 ここからの三連休は、短い時間ながらも休みなく現場入りの予定となる。

2/8 平日だけではタスクの消化は無理だろう


 昨年の暮れ、一階の外に面した部屋を片付け、窓から外が見える状態にした。すると猫共がとても関心を示し、以来毎朝雨戸を開けると必ず様子を伺いにやってきている。
 うちは都内では珍しく、目の前が畑なので、よく雀がやってくる。それを見る度、猫は今までに聞いたことのない、切なくも奇妙な鳴き声を上げる。
 女房曰く、これは届かない対象物を目にすると上げる鳴き声らしく、なるほどレーザーポインターでも似たような鳴き声を上げるので、確かにそうなのだろう。

 本日は、夕方より大きめの打ち合わせに出席し、色々と宿題をもらう。週末から三連休だけど、世間通りにはいかないだろう。

2/7 電話対応スキル求む

 油断していたら、体重が増えていた。たぶん、日曜日と月曜日の過ごし方に問題があったのだろう。色々と思い当たることがある。もうちょっとこう、身体を動かす機会を増やさないといけない。

 やたらと忙しい一日。それもこれも人手不足が原因で、現場のWebサイトにアシスタントディレクターの求人を出すに至る。素人でもいい、ただし電話対応ができる方が最優先。
 この、電話対応という要求スキルは、今の時代かなりハードルが高いのだろう。でも未だにこの業界は、電話での連絡が多いんだよなぁ。

2/6 これだからやめられない

 いざという時に備えて、SPINEを触ってみる。ちょっと操作してみた限りでは、クセのないツール、といった印象。
 私には、高度なパーツ造りなど到底無理だけど、簡単なUI程度なら、仮素材が作れそうだ。Unityにも使えたら、色々と捗りそうな気もする。

 夜からチーフを集めての定例ミーティング。割と本音を喋られるので、気楽な席だ。

 地元に戻り、行きつけで一杯やる。店舗経営、というか、職場の人間関係の難しさを感じる出来事があり、それを肴に呑む。酒場にはドラマが渦巻いている。

2/5 脱ぎやすい靴を履いていこう


 人身事故につき、十分ほど押しての現場入り。本日は銀行対応業務があったのだけど、ひとまずはオーナーにお任せして、私は遅れての対応となる。

 午後から開発スケジュールのミーティングを執り行う。

 深夜に帰宅。そろそろベッドの導入を考えてみる。十七年前、色々とわけあって家具を手放さなければならなかった際、ベッドとお別れして以来、ずっとマットレスだけで生活してきたけど、ぼちぼち安眠を考えてもいい暮らし向きになってきたと思う。

 あれこれと検索して、無印良品をピックアップする。有楽町に大型店舗ができたそうなので、今度の休みに試し寝をしにいこう。

2/4 上手いこと焼けた!


 女房がホームベーカリーを起動。ブランパンの作成を開始した。ホームベーカリーは音も静かで、四時間ほどかかってパンを焼き上げてくれた。こいつに自家製のローストビーフとクリームチーズ、レバーペーストを合わせて食べみる。

 ……うまい! こいつはいいぞ。これなら糖質を制限している間もパンにありつける。ワインも進むぞ。

 そんなわけで、自家製プランパン作戦は、ひとまずの成功。今後はアレンジパンの開発を楽しむとしよう。

2月1日〜2月3日

2/3 渋谷区や港区のようには増えてくれない

 有楽町にて買い物。
 昨年オープンしたというLOFTに寄ってみる。なるほど、面白そうなグッズを扱っている。
 SNSで話題になった、意識が高くて意味が伝わらず、お客さんのクレーム対応のため、注釈を付ける羽目になったフロア案内板は、注釈が外されもとの表記に戻されていた。

 帰りは自転車を借り、両国橋まで走る。

 同じ区間も何度も走れば所要時間は減少していくものであり、最初は一時間かかっていたのも三十分に短縮できている。こうなると距離を伸ばしたいところなんだけど、残念なことに、返却ポートがない。最近、こちらの方面はポートが増えていないけど、四月が過ぎるまで予算がつかないのかも……。

2/2 実務の物量が、ちょっとばかり多そう


 少々気になることがあったので、過去の健康診断のデータを比較できるよう、Excelの表にしてみた。すると、2013年の体調がとても良いことに気付く。
 2013年……解放少女のシナリオに明け暮れていたころだ。体調がいいわけではなく、激務で酒量が減っていただけか。

 午後から開発ラインの定例ミーティングを執り行う。いくつか答えの出しづらい議論になったため、責任者として要件を預かることにした。もっとも冴えた回答なんて、出やしないのだけど。

 夜、現場を上がって地元の行きつけで一杯呑む。来週は女房共々、少々たて込んだスケジュールになりそうだ。

2/1 焼きたてというアドバンテージにも期待したい


 本日はちょっとばかり遅めの帰宅となる。東京では再びの雪。

 晩飯はビフテキとパン。そしてこのパンだけど、通販のお試しで女房が注文したふすま粉パンだったりする。

 さてどんなものだろうと食べてみたところ、確かに普通のパンとはちょっと違う。食べた際の、「ああ、パンだね」感が乏しい。敢えて言うと、細いスティック状のパンを食べたときの感覚に近い……うーん、上手い表現が見あたらない。ただし、美味しいことは美味しいし、糖質は一個でわずか2gしかないので、当面の主食にしてもいい。
 まずはこのお試しの市販品でクォリティを覚え、ホームベーカリーの自家製でどこまで迫れるかが課題になるだろう。

<<先月の近況